ウィズホーム

あなたのお家のホームドクター

犬山、扶桑、大口、江南、小牧、春日井で新築注文住宅やリフォームをお考えの方はウィズホームへお任せください。

営業時間/9:00~20:00

0120-927-357

HOME > 住まいのリフォーム > シックハウス症候群を防ぐためにはどうしたらいいの?

シックハウス症候群を防ぐためにはどうしたらいいの?

2016-09-13

新築やリフォームをして入居したら
「目がツーンとする」「頭やのどが痛い」「頭痛がする」どうして??

こうした症状をシックハウス症候群と呼ばれ、住宅の高気密化や化学物質を放散する建材・内装などの使用による室内空気汚染が原因と考えられています。

tips06-1

 

家の中ってそんなに化学物質がでているの?

化学物質は建材からだけではなく、身の回りの色々なものに含まれています。
例えば・・・

・家具
・カーテン
・じゅうたん
・ストーブ
・殺虫剤、芳香剤
・たばこの煙

 

シックハウス症候群を防ぐための対策はある?

シックハウス症候群を防ぐためには、化学物質の使用を極力抑えた建材や接着剤を使用するなど健康に配慮した家づくりを考えることが大切です。

新築住宅に入居する場合は完成後、十分換気をして入居することをお勧めします。

入居後に行う最も有効な対策は換気です。換気をする場合は空気の通り道を作ることが重要です。具体的には開けた窓と反対側の扉なども開けて空気の通りをよくしてください。台所の換気扇や扇風機などで、強制的に空気の流れを作ることも効果的です。

 

tips06-2

ウィズホームのからだに優しい家づくり

 

 

 

 

Copyright © 株式会社ウィズホーム All rights Reserved.