ウィズホーム

あなたのお家のホームドクター

犬山、扶桑、大口、江南、小牧、春日井で新築注文住宅やリフォームをお考えの方はウィズホームへお任せください。

営業時間/9:00~20:00

0120-927-357

HOME > ブログ > リフォームコラム > 介護リフォームについて。母親が亡くなって今思う事 ②

介護リフォームについて。母親が亡くなって今思う事 ②

2017-04-08

これから介護をするかもしれない方は、

是非、前回の記事から読んでいただき、心とお金の準備をしておくと良いと思います。

 

今日は、実際に母の介護で実家をリフォームした内容についてお知らせしていきます。

 

こんにちは!お客様と共に

本物の家を本気で創る腕利き職人、

ウイズホームの代表 今井です。

 

実家は、トイレ、1階廊下手摺り、廊下段差解消、

玄関をリフォームしました。

 

実家は築29年です。建売住宅を買ったので、

「見えないとこまでトコトンこだわる」

私の家づくりとは、とてもかけ離れていたため、リフォームは大変でした。

 

【床段差解消】

「骨折してわかったご高齢者の不便さ。少しでも快適に暮らせる工夫が必要です。」

以前のコラムでも書きましたが、たった1cmの段差でも要介護者にとっては、とても歩行困難な状況になってしまうのです。

 

 

特に母は筋肉が低下してしまう病気ですので歩行器が必要になり、

この段差は母にとって高いハードルになりました。

 

床の仕上げ材には、クッションフロアーを採用しました。

これは母親が一度誤って転倒した時に、頭を床に打ちつけた時があったので、万が一でも頭をを守る工夫です。

このクッションフロアーは堅すぎても柔らかすぎてもいけないので、

下記を採用しました。

サンゲツ メディウォーク

【トイレ】

以前は手洗い付便器でしたので、要介護者にとっては、立っているのも大変な状況で更に手を伸ばし、手洗いを済ませることは、とても無理な体勢で大変でしたので、入り口付近に埋込み手洗器を設けました。

段差も解消され、車椅子でも移動ができる狭いけど快適なトイレスペースになりました。手すりについても何ども高さ調整してもらい、使いやすい位置に取り付けてもらうことが出来ました。

 

照明は、センサータイプ(自動で消灯)のダウンライト(埋め込み式の照明)にして、消し忘れても大丈夫なようにしました。

 

【手摺り】

1階廊下、玄関、トイレに手すり手摺りを付けました。

本当は洗面所にも手摺りを付けたかったのですが、コスト削減なのか、壁に柱等の下地がない状態でした。

その結果、手摺りを付ける事が出来ませんでした。

 

  介護リフォーム費用

 

それぞれのリフォーム内容や、工務店により違うと思いますので、

あくまで目安ですが実家のリフォーム費用を掲載しておきます。

おおよその目安にしてください。

 
 
介護リフォーム補助金を申請しましょう

各自治体によりますが、介護リフォーム補助金制度がありますので、

是非活用して下さい。

弊社対応地区でしたら、一緒に調べる事も出来ますので

是非ご相談ください。

 

実家の介護リフォームは、工事費39万円に対し、18万円の補助金をいただくことが出来ました。

 

 

 

新築・リフォームをお考えのあなたに、プロの目線から見た

 

失敗しない家づくりのお役立ちコンテンツをお伝えしています。

 

是非、読者登録お願いします。

 

 

 

 

 

新築・リフォーム・お家の事で何かお困りごとがありましたらお気軽にご相談ください。

【連絡先】

株式会社 ウィズホーム 

丹羽郡扶桑町高雄下山257

0120-927-357

担当 今井 090-1109-2221

 

✉️imai@with-home-reform.com

※ご相談だけでも大丈夫です。

お気軽にご連絡ください。

 

 

 

対応地域:犬山市、扶桑町、大口町、江南市、小牧市、春日井市、 岩倉市、北名古屋市、名古屋市、一宮市、稲沢市、 瀬戸市、尾張旭市、長久手市、各務原市、関市、 山県市、多治見市、美濃加茂市等、愛知県、 岐阜県で対応させていただきます。

 

 

腕利き職人、ウィズホーム今井の

アメブロこちら…

Copyright © 株式会社ウィズホーム All rights Reserved.